事業譲渡手続きのメリットとは?




事業譲渡の手法には、どの様に法律上や契約上のメリットがあるのかをトピックとしてまとめて解説します。

売却する事業の範囲や財産の範囲を自由に取り決める事ができる

事業譲渡は、会社全体の売却(株式の売却)と違い、売り手と買い手が譲渡の対象となる事業や財産の範囲を契約によって自由に取り決める事が可能となる手法です。

売り手にとっては、個々のビジネスを特定し切り出して売却する事で、会社全体の売却と違い、会社そのものを手放す必要が無いのがメリットです。

買い手にとっては、不要な資産や債務を負わずに、必要な事業だけを取得する事ができます。




自社事業の再編に有効

自社にとって必要無くなってしまった事業を切り出したり、採算割れした事業を個々に譲渡する事で経営基盤を改善する場合等に、事業譲渡はとても便利な手法です。

又、状況によっては優良な事業を売却し、その売却益で会社の建て直しを図るケースもあります。

この点、事業譲渡はあくまでも売買契約の一種ですので、譲渡する業務や資産の範囲を、会社や業界の状況に合わせて自由に選択する事が出来るので、再編手法として柔軟に使う事が可能になります。

会社そのものは残したい場合

「売却する事業の範囲や財産の範囲を自由に取り決める事ができる」と関連する事項ですが、会社そのものは残し譲渡後も別の事業を続けていきたい場合や、会社の支配権自体は自分の下に置いておきたい場合は譲渡契約によって、対象となる事業や資産のみを売却する手法が適しています。

会社の清算の為の手続きとして有効

会社を清算しようとする場合もそれなりの必要が掛かってしまいます。その為、事業を売却し、その利益を元手に会社清算するケースもあります。(尚、申し訳ございませんが、このケースの場合のご依頼は状況によりお断りする事がございます)

2代目・3代目社長特有の生きづらさを解消する